FXで資産運用する際の注意点

FXで資産運用する際の注意点。業者選びにも気をつけよう

為替差損の状態でも金利の合計でプラスに

 

FXは為替手数料の安さや、金利なしで資金を借りられる(レバレッジ効果)といったメリットのほかに、スワップポイントという一種の金利ももらえる。一時に比べれば金利はだいぶ下がってきたものの、黙っていても貯まっていくのはやはり魅力であろう。
FXのテクニック

 

証拠金を多めに入れておけば、ロスカットされる心配は少なくなるので、1年くらい寝かしておくだけで大きな利益となる。値が下がり多少の為替差損の状態になっていてもスワップポイントの合計金額のほうが上回り、最終的にはプラスに転じる場合があるのだ。

 

ただし、前述したように、現在の金利はどの通貨も過去に比べて下がっているので、現在はスワップポイント狙いの取引手法は主流ではなくなってきている。また、急激な為替相場の値動きが起きた際にはそれどころではなくなってしまうので、あまり固執すぎないよう注意したい。

 

また、レバレッジについても、やはり初心者はせいぜい数倍程度と低めに抑え、常に証拠金を多めに預け入れておくことを心がけよう。

 

通貨の組み合わせについては、最初はやはり円を軸に、ドルなどメジャー通貨との組み合わせが無難だ。マイナー通貨は流動性が低く情報が乏しいので、基本的に手を出さないほうがよい。

 

現在、一番相性のいい組み合わせは豪ドル円だろう。日豪関係は結束が強く、輸出入のボリュームも多い。情報も頻繁に入り、金利も高いうえ、国も安定し日本からの海外旅行者も多いことなどから、人気が高い。

 

自己資本規制比率がどのくらいあるかをチェック

 

取引手法のほかにFX業者の選び方にも気をつけたい。まずチェックしたいのは自己資本規制比率である。これは、FX業者が万一の状態になっても倒産しないだけの資産を持っているかどうかを判断するものだ。この数値が140%を下回れば、FX業者は金融庁への届出が必要になる。

 

ただし、140%以上あれば問題ないということでもない。140%ギリギリだと、思いもよらないことが起きた場合、一気に経営が傾く可能性があるからだ。どれくらいなら大丈夫とは断言できないが、いろいろなFX業者を比較して、余裕のあるところを選択するのが賢明だろう。

 

もうひとつ注意したいことは、値付けの仕方だ。特に店頭取引の業者において、オーソドックスな価格で対応しているかどうかを見極めたい。実際に、スリップページ(提示価格よりも不利なレートで約定すること)が大きく発生する事故が過去に数件起きている。

 

ただし、これは自分では非常に調べにくい。インターネットなどで情報を得たり、専門家などに聞くことくらいしか方法がないのが厳しいところだ。

 

景気は立ち直ってはいないさらなる厳しい時代に

今後、日本あるいは世界はどうなっていくのか、私見だが簡単に解説していきたい。

 

現在の世界経済は2007年発のサブプライムローン金融危機の延長上にあり、欧州ソブリン危機(※)はそのプロセスとして必然的に浮き彫りになっただけだ。米欧はリーマンショック後、金融システム維持と景気浮揚のため巨額の財政支出を重ねた結果、金融恐慌の人口で乗り切った。だが、米国では家計の債務負担が重く、欧州では金融機関債務・財政赤字の拡大が経済に重くのしかかったままだ。デフレ色が強まる中、米欧とも財政緊縮を前提に難しい舵取りを強いられ、金利低下・通貨安に走りはじめたのである。

 

これではデフレ色からの脱却は望むべくもなく、日本を含め「失われた10年(国民負担増・低成長・デフレ)」に突入していくしかない。頼りの新興国経済にも陰りが出て、ここで欧州ソブリン危機が強まると恐慌もありうる。

 

そうした時代の中で、どう資産運用と向き合っていくべきか、それぞれがよく考えて実行してもらいたい。
外国為替の世界

 

FXのさまざまなメリット

FXの特徴をうまく押さえて取引をしよう

 

FXは、他の金融商品に比べて、さまざまなメリットがある。ここでは、その中でも特徴的なものをピックアップして紹介する。これらを上手に活用することで、より有利な取引が可能になるだろう。

 

手数料が圧倒的に安い
FXは、同じ外貨を扱う外貨預金に比べ手数料が圧倒的に安い。外ヽ貨預金でドルを預金するのに、通常1ドル当たり1円かかるが、FXでは、ほとんどが無料だ。実質の手数料であるスプレッドでも数銭程度で済む。

 

少ない資金でも大きな取引ができる
レバレッジ効果によって、手持ちの資金が少なくても、その何倍、何十倍もの大きな取引を行うことができる。上手に利用すれば、資金効率のいい本格的な運用が可能になる。

 

どんな時でもチャンスがある
売る以外に、値下がりを期待して「売って、買う」ことで利益を生むことができる。つまり、相場が下がっても下がっでも利益を出すチャンスがあるのだ。

 

金利がゴツゴツ貯まる
高金利の通貨を買えば、取引量や持っている日数に応じて、スワップポイントというー種の金利がもらえる。 ゴツゴツ貯めていけば、思わぬ収入が入ってくるのだ。ポイントカード好きな人にはタマラナイ!?

 

好きな時間に取引OK!
外国為替市場は世界の主要都市に存在し、ネットワークでつながっている。各市場には時差があることから、FXは24時間取引が可能。いつでも好きな時間にはじめられるのだ。